まごころ葬

プラン

(3 ~ 7 名)

当社では、規模にこだわらず費用も抑えながらも、「ご家族( 6 ~ 7 名)」だけで温かみのあるきちんとしたお別れがしたいと望まれる方に、新しいご葬儀の形として「まごころ葬」をご提案し、ご好評をいただいております。

※「まごころ葬」の通夜と告別式は、京王線「千歳烏山」駅にあります光母寺「烏山式場」の和室の式場(12畳)で、従来のご葬儀の形式をそのまま小規模化した形で執り行います。

  • 和室に生花祭壇をお飾りし、前日からご遺体を安置することが出来ます。

  • お部屋にはご家族の方(2~3名)が宿泊する事も出来ますので、故人に寄り添ってゆっくり最後のお別れの時を過ごすことがで出来ます。

  • 5、6 台分の駐車スペースがあります。

生花祭壇

​Aセット

¥470,000-(税別)

  • ​式場費

  • 生花祭壇

  • ご火葬(最上等)

  • ご収骨容器一式(瀬戸)

  • 区役所諸手続き

  • ドライアイス(1日分)

  • 通知状(30枚)

  • 管理費

A~Cすべてのセットに共通する内容

Aセットの内容

  • 枕飾り(1段)

  • お棺(桐張棺 八分)

  • 霊柩車(普通車)

  • 写真引伸ばし(白黒)  

生花祭壇
Bセット

¥570,000-(税別)

  • 式場費

  • 生花祭壇

  • ご火葬(最上等)

  • ご収骨容器一式(瀬戸)

  • 区役所諸手続き

  • ドライアイス(1日分)

  • 通知状(30枚)

  • 管理費

A~Cすべてのセットに共通する内容

Bセットの内容

  • 枕飾り(白布2段)

  • お棺(桐張棺 永遠)

  • 霊柩車(普通車)

  • 写真引伸ばし(カラー)

生花祭壇

Cセット

¥770,000-(税別)

  • ​式場費

  • 生花祭壇

  • ご火葬(最上等)

  • ご収骨容器一式(瀬戸)

  • 区役所諸手続き

  • ドライアイス(1日分)

  • 通知状(30枚)

  • 管理費

A~Cすべてのセットに共通する内容

Cセットの内容

  • 枕飾り(金襴2段)

  • お棺(布張棺 雅)

  • 霊柩車(国産洋型車)

  • 写真引伸ばし(カラー)

  • 喪主の方を決めて頂きます。(子供さんでも結構です。)

  • ご遺族にご葬儀の時間と場所を連絡してください。

  • 「通夜料理(通夜振舞い)」のおおよその数量を決めてください。また、故人のゆかりのお店でなさる時は、そのお店の予約を取っておいてください。

  • 「お棺」の中にお入れする物の確認をします。(生前故人が好きだった洋服や、ご家族の写真などをご用意して頂きます。)

  • 「喪服」をご準備してください。(ほとんどの方は洋服です。)

― 通  夜 ―

お通夜は、午後 6 時から始めるのが一般的です。通夜式の進行やご弔問のお客様の案内などは、オボワールの担当社員・葬祭係・配膳・通夜担当社員が、4 時に集合して通夜式終了まで、すべてお手伝いいたします。

喪主、ご遺族の方は、葬儀式場に必ず到着していてください。

17:00 

僧侶を出迎えます。(菩提寺のみ)

17:30

喪主、ご遺族、ご近親者 着席。

17:50 

 式場内の参列者全員合掌をして、僧侶をお迎えします。

18:00 開 式

参列者全員合掌をお直り頂きます。

僧侶入場

喪主、ご遺族の皆様にご焼香をして頂きます。

焼 香

参列者全員、合掌をして僧侶をお見送りします。

僧侶退場

参列者全員、合掌をお直り頂きます。

閉 式

故人のゆかりのあるお店で、会食をなさる方がほとんどです。

通夜振舞い

(菩提寺の場合のみ)

僧侶をお見送り

― 告 別 式 ―

告別式は、午前 1 0 時~午前 1 1 時、午前 1 1 時~正午までの一時間で葬儀と告別式を同時に行います。

喪主、ご遺族の方は、葬儀式場に到着していてください。

開式一時間前

僧侶を出迎えます。(菩提寺のみ)

開式 3 0 分前

式場内の参列者、全員合掌をして僧侶をお迎えします。

開 式

参列者全員合掌をお直り頂きます。

僧侶入場

喪主、ご遺族の皆様にご焼香をして頂きます。

焼 香

喪主のみ焼香

初七日法要

参列者全員、合掌をして僧侶をお見送りをして頂きます。

僧侶退場

参列者全員、合掌をお直り頂きます。

閉 式

お柩のフタを明けて、故人と最後のご対面をして頂きます。

対面の儀

お花を皆様の手で、お柩の中をきれいにお飾りして頂きます。

別れ花

 

出 棺

― 火 葬 場 ―

霊柩車には、喪主が乗車し、ご遺族ご近親者の方は自家用車で行きます。

火葬場に到着しましたら、火葬場の職員の手によって、お柩を火葬炉の前にご安置して頂きます。

1.

お柩の窓を開いて、最後のお別れをして頂きます。

2.

お別れが終わりましたら、お柩を火葬炉に納め、職員に火葬炉の前に焼香台を用意して頂き、お位牌と遺影写真をお飾りします。

3.

僧侶が火葬炉の前で読経をしてから、喪主、ご遺族の方など故人と関係の深い順に焼香をしてもらいます。

4.

総ての方の焼香が終わりましたら、控室で待って頂き、約1時間程で荼毘が終了します。

5.

ご火葬が終わりましたら、火葬炉の前に並んで頂きます。

6.

扉が開いて、皆さんで合掌してから、「お骨上げ」 の場所に移動して頂き、ご収骨容器にご遺骨を納めて頂きます。

7.

ご遺骨をご収骨容器に納め終わりましたら、職員の人が桐箱に入れて、白い布で包んでくれます。この時、桐箱の中に 「死体埋葬許可証」 も一緒に入れてくれます。

8.

ご遺骨を先頭に位牌、遺影写真と続いて、式場から乗車してきた車に乗車して頂きます。喪主は自家用車に乗り換えて、式場まで帰ります。

9.

― 精進落し(お斎) ―

ほとんどのご家族は、式場に戻らずに、火葬場で解散をします。

火葬場から戻った時、式場入口で塩と水で身を清めてから控室へ、控室で会食を致します。

1.

会 食

2.

帰 邸

3.

ご安心ください

当社では、様々な種類の「 ご葬儀のプラン 」を取り揃えておりますので、ご喪家のニーズに合ったプランをお選び頂けます。詳しくは、当社スタッフが丁寧にご説明させていただきます。いつでもご相談ください。

03-3333-4797

2 4 時間、年中無休で待機しております。

オボワールロゴ.png

© 2019 株式会社オボワール